シワの解消などで活躍するボトックス【即効性がないことがメリット】

サイトメニュー

副作用を避けるために

顔に触れる女性

注射すると何が起きる

美容界で安定した人気を誇っているボトックスですが、発売当初は施術の仕方はあいまいで医師は手探り状態で施術していたため、様々な問題が上がっていました。近年では製剤会社で厳しい指導などを行っているので、そのような問題はほとんどなくなっています。しかし、ボトックスの副作用として有名な表情の強張りなどは、起こりえることとして認識しておくといいでしょう。これを避けるためには、確かな技術を持つドクターを選ぶことが大事です。ボトックス注射は簡単な作業ではなく、安易に行うことで副作用が起こり得ます。製薬会社では注入指導医などの認定制度を設けており、国内ではその指導医が中心となって、各クリニックのドクターに講習や指導を行っています。治療を受けるときは注入指導医であるドクターに頼むと安心ですし、そうでなくても症例数が多かったり日々勉強していたりするようなドクターを選びたいところです。表情の強張りなどがボトックスで起きた場合に修正することは容易ではないため、患者側の慎重さが必要となります。また、副作用が起きたときのクリニックの対応についても確認しておくと良いです。ボトックス治療は、ボツリヌストキシン製剤を気になる筋肉に直接注入するのが特徴です。運動神経終末と筋肉組織がくっついている神経筋接合部にある神経線維の末端では、筋肉を緊張させるための指令を脳に伝える、アセチルコリンという化学物質が放出されます。ボツリヌストキシン製剤はこの物質の放出を抑えるよう働くので、緊張して固まったままの筋肉を弛緩させることができるのです。緊張したままの筋肉によってできる眉間や目尻のシワが取れたり、張っていたエラ部分がすっきりしたり、ふくらはぎがほっそりしたりするのは、アセチルコリンが放出されなくなっているからです。ただ、薬剤の効果持続期間は4ヶ月から6ヶ月というのが一般的で、継続して効果を得たい場合は定期的に投与する必要があります。ボトックスは患者一人一人に合った、また部位ごとに合わせた適切な量を投与することが大切で、大量に投与したからといって長持ちするものではありません。また、投与する量が一定量を超えると、飽和状態になるといわれています。

Copyright© 2018 シワの解消などで活躍するボトックス【即効性がないことがメリット】 All Rights Reserved.