シワの解消などで活躍するボトックス【即効性がないことがメリット】

サイトメニュー

施術は短時間で終わる

看護師

注射箇所は機関ごとに違う

ボトックス注射は即日施術が可能で、施術後すぐに化粧して帰ることができます。まず、美容外科や美容皮膚科などに電話等で予約を入れてから足を運んでください。予約日当日は、カウンセリングを行ってから医師による診察、という順番が一般的です。カウンセリングは医師が行う場合もあれば、看護師などのスタッフが行うこともあります。希望や悩んでいることだけでなく、持病や服用している薬などについても聞かれます。ボトックスの禁忌は過敏症や重症筋無力症、筋萎縮性側索硬化症などです。筋弛緩効果があるため、筋肉が弱る持病を持っている人は注射できません。また、他院でボツリヌス毒素製剤を投与している場合も過剰摂取などの問題が起きるので禁忌となっています。医師の診察では治療が適用するか希望箇所の筋肉を診て、適用となればどの位置にどのくらいの量を打つかを決め、1ヵ所5分くらいかけてゆっくりと注入していきます。絶対に痛いのは嫌だという人には、麻酔クリームなどを使うことが可能です。美容クリニックで行うボトックス治療は、クリニックごとに注射できる部位が違います。しかし、ほとんどのクリニックで行っているのは、眉間と目尻の表情ジワです。この部位に関しては薬事承認されているためです。表情ジワの治療では、顎にできる梅干しのようなシワやおでこのシワ、口をすぼめたときにできるシワなども対象部位にしているクリニックもあります。法令線へ注射しているところもありますが、たるみが原因のことが多いので、一般的な部位ではありません。ボトックスは筋肉を弛緩させる効果があることから、小顔施術にも活用されています。知らない内に咬筋が張って顔が大きくなっている場合や、エラが張っている場合があるのですが、ここに注射することで小顔にすることが可能です。咬筋ではなくふくらはぎの筋肉に注射すれば足が細くなり、肩の筋肉に注射すれば逞しい肩がほっそりしたり、肩こりが解消されたりします。筋肉ではないですが、汗を多くかく部位に注射することで、発汗を止めることも可能です。多汗症の治療薬として薬事承認を受けており、重度多汗症の患者に対しては保険適用となっています。

Copyright© 2018 シワの解消などで活躍するボトックス【即効性がないことがメリット】 All Rights Reserved.